· 

リレーションシップーご感想

子どもの方向性がイマイチ掴みきれずにいますと、親子セラピーと数秘を合わせてリレーションシップさせていただきました。

 

心が豊かに満たされるご縁が一つずつ繋がっています。

 

 

ご感想も紹介させていただきました▶

 

 

 

リレーションシップのご感想については、文章を書くことが苦手な方はとてもご謙遜されますね。

 

ただ、文章を書くことが得意な人もいれば、苦手な人も同じ数だけいるものだと思います。

 

喋ることが得意な人、苦手な人

○○が得意な人、苦手な人

 

何事においても半々ずつ・・

 

ですので、皆さまからのご感想はどれも大変ありがたくうれしく保存しています!!

 

 

また親子セラピーの中では、大人・親が、自分の苦手をあっけらかんと前向きに受け止めている態度が、子どもたちに伝わるものだとお勧めもしています。

 

まず、大人・親が、自分の苦手を卑下することなく受け止め、家族や得意な人の協力を得ながら、同時に自分と相手の得意も尊重していく姿勢を子どもたちに見せてあげたらよいですね。

 

子どもたちが自分の凸凹をありのままに受け止め肯定しながら、周囲からの相互協力を築きつつ成長していく前段階として、大人の後ろ姿を純粋な目で見つめていることと思います。